URBAN DOCK LALAPORT TOYOSU

GREAT VOYAGES TOYOSU

16世紀前半、まだ地球上のどこに何があるのかさえ明確でなかった時代に、ヨーロッパの世界進出、大航海時代が始まる。それによる新航路や新大陸の発見が、その後のヨーロッパの発展に大きな役割を果たしたのだ。21世紀、東京ベイエリア、豊洲。かつてこの地にあった造船所もまた、船をつくることを通し「発見」を世界中の人に提供してきた。この場所は新たな「発見」を伝えるランドスケープとして生まれ変わる。

本計画では、ランドスケープ全体を海ととらえ、その場に行き交う人々を航海者と位置づけた。この敷地は元々造船所であり、2本の元ドックを埋め立ててつくられる。その跡地は「緑」「水」「大地」の3枚の波が重ねられ、いくつかの"島"とみたてたカフェやFM局・美術館が点在し、波の上には泡や珊瑚をモチーフとした白いベンチが浮遊している。その中を航海者は自由に、時には流れに身をゆだね、また、時には強い意思をもって航海し、発見と出会いを体験する。この地の持つ、東京ベイを一望できる借景を持つ、造船所跡地という象徴的なバックグラウンド、新しい街、豊洲、という諸条件に対し、「ライフスタイルの発見」「東京再発見」「自分のお気に入りの場所を発見」など、あらゆるレベルで発見や出会いのきっかけを作り出すことが、本計画でのランドスケープのあり方であると考えた。

SPECS ARE

YEAR
2006
SCALE
67,499m2
CATEGORY
Landscape Design
PLACE

アーバンドック ららぽーと豊洲/東京都江東区豊洲2-4-9

URL
http://toyosu.lalaport.jp
CREDIT

ランドスケープデザイン/アースケイプ
事業主/三井不動産・石川島播磨重工業(現・株式会社IHI)
設計・建物デザイン/日本設計、ラグアルダ・ロウ・棚町アーキテクツ(ジョン・ロウ)
施工/大成建設

PRIZE

グッドデザイン賞

  • Share on Tumblr
  • <BEFORE WORKS
  • NEXT WORKS>
  • PAGE TOP